トップページSACDとは?プログクラシックジャズポップスJポップス新譜
ご注意 このコンテンツは2004年から2005年にかけて書かれたものです。その後のオーディオ機器の進歩のため、
記事の内容に今日の状況とは異なる部分があるかもしれません。ご承知ください。

目次

スーパーオーディオCD入門
スーパーオーディオCDの音
マルチチャンネル入門
図説マルチチャンネルの響き

問答2 スーパーオーディオCDのマーク

新入所員「スーパーオーディオCDとCDを見分けるのって、どうするんですか?」

所長「スーパーオーディオCDはディスクの大きさも、パッケージもCDと同じだ。しかし、見分け方はカンタン。パッケージに右のマークが付いてるのが、スーパーオーディオCD(SACD)だ」

新入所員「おっ、宇宙的ですね」

所長「左上からS、A、C、Dの文字が組み込まれたデザインになってるんだよ」

新入所員「わー、ほんとだ! カッコいい。カメの甲羅とはちがいますね」

所長「カメはないだろ…。でも、デザイナーも“してやったり”と思ってんじゃないの。ニクイねえ、いい仕事してるねえ」

新入所員「さっそくレコード店にいって、見てみよう」

所長「ワシも行く! レコード店でSACDのマークを見ると、ちょっとトキメクおとしごろ、なんじゃ」

新入所員「“としごろ”って、あんた、山口百恵みたい」

所長「よく見抜いた。山口百恵もSACDで出てるぞ」