トップページSACDとは?プログクラシックジャズポップスJポップス新譜
10月2017年11月12月

ショスタコーヴィチ: 交響曲第13番《バビ・ヤール》/キリル・コンドラシン/バイエルン放送交響楽団、 同曲の初演者でもあるコンドラシンが亡くなる約3ヶ月前の貴重な80年ライヴ

ブラームス: ヴァイオリン協奏曲; ラロ: スペイン交響曲, 他
レオニード・コーガンの旧EMI録音が初SACD化。2枚組

ベートーヴェン: 交響曲第9番《合唱》, 《エグモント》序曲/フリッチャイ、ベルリン・フィルフリッチャイのステレオ録音による第九。SACD1枚に「エグモント」序曲も収録

マーラー: 交響曲第8番《千人の交響曲》《大地の歌》/ショルティ、シカゴ交響楽団2枚組。「千人の交響曲」は71年録音、「大地の歌」は72年録音

Tower Records ▶サンベア・コンサ-ト/キース・ジャレット
世界初SACDハイブリッド化。6枚組

マーラー: 交響曲 第9番/カラヤン(※ジャケットは参考)
Tower Records
Amazon

ドイツ行進曲集/カラヤン(※ジャケットは参考)
Tower Records
Amazon

Tower Records ▶Humperdinck: Hansel und Gretel/マレク・ヤノフスキ
フンパーディンクの歌劇「ヘンゼルとグレーテル」』です。2枚組
掲載後に発売日は変更になることがあります。その場合でも等サイトでの、発売日その他の訂正は基本的におこないませんのでご注意ください。