topaboutblogClaJazzpopsjpopselect
S
SACDhybrid ザ・グレイト・ジャズ・トリオ  枯葉 (紙ジャケット仕様)


The Great Jazz Trio
Autmn Leaves
Hybrid
録音2002年5月NYアヴァター・スタジオ
国内盤、Eighty=Eight's ヴィレッジ・レコーズ
SACDハイブリッド

Amazon

Eighty=Eight'sレーベルでおなじみの、光沢のある綺麗な紙ジャケット。見開きにはアヴァター・スタジオでの3人の録音風景の写真。

ブックレットには児山紀芳氏のライナー。

ハンク・ジョーンズ、エルヴィン・ジョーンズの貴重な顔合わせ

 本作は高音質で有名なEighty-Eight'sレーベルの1枚。ハンク・ジョーンズひきいるザ・グレイト・ジャズ・トリオのSACDです。
 メンバーを見て心躍ります。ピアノはハンク・ジョーンズ、ベースはリチャード・デイヴィス、そしてドラムスにハンクの弟エルヴィン・ジョーンズ。エルヴィンはもちろんコルトレーンとの演奏で有名なドラマーです。
 この歴史的メンバーの演奏が、2002年のDSDレコーディングで聴けるのですから、素晴らしいことだと思います。
 プロデューサーの伊藤八十八氏も、『SACDジャーナル』の記事のなかで、〈自ら選ぶEighty-Eight'sレーベルの3枚〉の1枚に本作をあげていました。

頭をカラにしていても高音質がひろがるから、聴いていてラク

 最高の音質にこだわった、これだけのソフトは、聴いていて本当にラクです。
 いつもはSACDでも、「高音質を聴きわけてやろう」と多少なりとも身構えるのですが、このディスクでは、その必要がありません。頭の中をカラにしても、高音質のほうが広がってきてくれるのです。
 大変に柔らかい音。それでいて繊細。倍音はたっぷりと含まれ、音のまわりの空間が、気配として感じられます。これぞSACDという、文句なしの音。
 ハンクのピアノはもちろんですが、特にエルヴィン・ジョーンズの、各曲にあるドラムソロが、SACDではとても豊かな音に聴こえ、聴き所であります(シンバルの微粒子、強打の立ち上がり、各太鼓のまわりの空気感など)。

ハンクとエルヴィンの、ぶつかり合いが緊張感を生む

 ハンク・ジョーンズとエルヴィン・ジョーンズでは、なんと音楽のスタイルがちがうことでしょう。
 ライナーノートには、録音直前、ハンクが一緒にやることをためらったように書いてありますが、前述の伊藤八十八氏のコメントでは、「弟のエルヴィンを長い間、時間をかけて説得した」とありました(それが、氏がこれを1枚に上げた理由)。
 いずれにしても、“予期せぬ出会いが生む緊張とスリル“がグレイト・ジャズ・トリオの真骨頂です。

 ハンク・ジョーンズのエレガントなピアノも、エルヴィンの豪放なドラムスの刺激を受けて、いつにない緊張感を持っていると思います。
 もちろん、エルヴィンは「サマータイム」や「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」では、驚くほど繊細なブラシワークも聴かせてくれます。
 ベースのリチャード・デイヴスも「バイ・バイ・ブラックバード」でのピッチカートソロ、弦のソロとバッチリ。
 本ディスクは、「枯葉」「A列車で行こう(エルヴィンのドラムソロ!)」「キャラヴァン」など有名曲がたくさん。
 しかしどれも緊張感がある。ザ・グレート・ジャズ・トリオの“緊張とスリル”をお楽しみください。

Amazon

ザ・グレイト・ジャズ・トリオのSACD
B0000W3RXA いつか王子様が (CD & SACD Hybrid)
デリカシーの固まりのようなハンクのピアノ、重厚なリチャードのベース、目の覚めるようなエルヴィンのドラミング。そしてそれらが一体となった正攻法のジャズにとかにかく圧倒される。最後の1曲だけはハンクのソロ・ピアノ。
B001HBQLNG Blue Minor
SACDのいい音は、オーディオ用語をこえて「脳にカイカン」。音匠仕様
SACDラボ♪♪レビュー
B000JBWYTU 星影のステラ(紙ジャケット仕様)
GJTの新機軸!ゲストに渡辺貞夫を向かえ、新たな試みにも挑戦!
SACDラボ♪♪レビュー
B0002J55AY コラボレーション
巨人エルヴィン・ジョーンズへの追悼盤。兄ハンクとの最後の共演作としても知られるラスト・レコーディング『枯葉』『いつか王子様が』の未発表テイク集。
B000WPD3PC July 5th~Live at BIRDLAND New York~(紙ジャケット仕様)
高音質のライヴ空間。2枚同時発売
SACDラボ♪♪レビュー
B000WPD3PW July 6th~Live at BIRDLAND New York~(紙ジャケット仕様)
高音質のライヴ空間。2枚同時発売
SACDラボ♪♪レビュー
B000BNM94G スピーク・ロウ
前作『ス・ワンダフル』と同じスタジオ、同じメンバーで録音された作品。誰よりも若々しい生気を放つハンク・ジョーンズの演奏に注目。
SACDラボ♪♪レビュー
B000666WT6 ス・ワンダフル
ザ・グレイト・ジャズ・トリオがメンバーを一新。ハンク・ジョーンズの優雅で流麗な演奏スタイルを中心に、新メンバーで臨んだ、新たな伝説の幕開けとなる注目作。
2011.2.12