topaboutblogClaJazzpopsjpopselect
S
SACDhybrid カウント・ベイシー楽団
ベイシー・イズ・バック

COUNT BASIE ORCHESTRA
BASIE IS BACK

2005年10月28日
仙台、電力ホールでのライヴ録音

Amazon

ジャケットは綺麗な見開きのコーティング紙ジャケ。写真はカウント・ベイシー、その人だが、すでに他界しているので、このライヴではビル・ヒューズが指揮をしている。

カウント・ベイシー楽団のゴージャスでノリノリのライヴ

 高音質なSACDをリリースしているEighty-Eight'sレーベルから新しいアルバムは、カウント・ベイシー・オーケストラの来日公演ライヴ。
 ベイシーはすでに他界しているので、最古参のビル・ヒューズが指揮をしての演奏。2005年10月、仙台の電力ホール。DSD24チャンネルを始めて使った最新録音です。

 1曲目の名曲「コーナー・ポケット」が流れるや、いやあ、眠っていた血が騒ぎ出しました。
 ノリノリのサックス・セクション。咆哮するブラス。ちぎれそうなペットのハイトーン。うー、聴かせるぜ。

 この演奏を聴いていると、モードだ、フリーだ、とは言っても、ジャズの楽しさは極上のスウィングにはかないませんねえ(と思ったりするのです)。
 そしてビッグ・バンドのアレンジってカッコいいなあ、とあらためて実感もしました。
 でも、なんといっても「スゲェ!」と思ったのが、ドラムのブッチ・マイルス。
 派手というか、豪快というか、彼のドラミングが、ビッグ・バンド・ジャズをとびっきりゴージャス、かつノリノリなものにしてくれています。
 観客の熱気もなかなかのもので、仙台はカウント・ベイシーにゆかりの地でもあるので、熱気があり、楽員にもそれが伝わって、録音のときは、東京公演よりもすごい演奏だったとか。

 むずかしいことをいわずに聴ける、そしてノレる、とびきり高音質のジャズとして、かなりオススメですね。
 もちろんマルチチャンネルも収録。2chでもマルチでもお好みで、どちらも良い音であります。

Amazon

2006.5.30