topaboutblogClajazzpopsjpopselect
ロリン・マゼール指揮、ゲオルギュー、ヴァルガス、フロンターリ、ミラノ・スカラ座
ヴェルディ:『椿姫』全曲

Verdi :La Traviata

輸入盤、ArtHaus Musik

Amazon

収録:2007年、ミラノ・スカラ座
画面:16:9/1080i
音声:PCM Stereo・DTS-HD・MasterAudio7.1
字幕:日本語あり
収録時間:132分(オペラ)、70分(特典映像)
リージョン:ワールドワイド

特典映像は、20本以上のブルーレイ・オペラのサンプル映像。1本が数分で、手短かに編集されている。それでも全部観ると大変な時間。これは画像は1080iHDだが、音声はPCMステレオのみ。

高画質と高音質で堪能する、ゲオルギューの『椿姫』

 このブルーレイは、ミラノ・スカラ座の2007年公演、ヴェルディ『椿姫』を収めたものです。指揮はロリン・マゼール、ヴィオレッタにはアンジェラ・ゲオルギュー、アルフレードにはラモン・ヴァルガス。
 オペラをブルーレイで観れる恩恵は大きいです。
 画像は1080iフルHDの高画質。
 90インチほどのプロジェクターで観ましたが、歌手の顔をアップにしていも、どこまでもピント・ピッシャリ、ドットがでません。息もつまるほどクリアな世界です。
 音は2chならPCMステレオ再生、サラウンドは、DTS-HD・MasterAudio7.1 、つまり非圧縮の高音質。
 SACDラボ♪♪のシステムでは、7chのスピーカーをつなげていないので5.1chにしての再生ですが、透明に広がるサラウンド空間と、すばらしい音に満足でした。

ゲオルギューの歌唱は素晴らしい。ヴァルカスのアルフレードもアリかも

 ヴィオレッタを歌うゲオルギューは人気の歌手ですが、さすがに大画面でアップになると、年齢を感じてしまいます。しかし、やはり綺麗なのは確か。体格もほっそりしていて、ヴィオレッタ向きです。
 彼女は細身の身体からは信じられない、圧倒的な歌を聴かせてくれます。大画面で観るとと、すさまじい形相にも驚かされますが、劇場ではこれくらいで丁度いいはずです。実際に観たら劇場を圧倒する歌唱でしょう。
 ヴィオレッタに恋するアルフレードは、甘いテノールのヴァルカスが歌っています。容貌が少し合わない気もしますが、ほとんどのオペラが、歌手の容貌と役柄があってないのは普通なので、オペラファンとしては、許容範囲です。
 むしろ、ヴァルカスの顔には誠実さがあって、ヴィオレッタに振り回されるアルフレードには合っているとも言えます。それに彼の甘いテノールは、やはり魅力です。
 合唱の厚さも高音質で再現されますし、客席のサラウンド感もバッチリ。
 『椿姫』はヴェルディのなかでも、とりわけ、いい曲だらけで退屈しないオペラです。日本語の対訳も画面に出ます(オン、オフ可)。

Amazon

SACDラボ♪♪のブルーレイ・レビュー
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」/小沢征爾/ベルリン・フィル
ブルーレイの高画質、高音質で聴く、カラヤン生誕100年記念ライヴ
Amazon
ベルリオーズ:幻想交響曲・マーラー交響曲第1番「巨人」/小澤征爾指揮サイトウ・キネン・オーケストラ
透明な音。こんなに「幻想」が分かってしまっていいのですかの感動
Amazon
ブルックナー:交響曲第9番、シューマン:ピアノ協奏曲/ハイティンク/コンセルトヘボウ、ペライア(ピアノ)
ロイヤル・コンセルトヘボウのライヴ録音。ハイビジョン、5.0サラウンド
Amazon
2011.2.1