トップページSACDとは?プログクラシックジャズポップスJポップス新譜
牧野良幸の本
4861710227
僕の音盤青春記 1971-1976
岡崎の「聴くだけロック少年」だった牧野良幸が中学・高校で出会った70年代の音盤の数々を青春の思い出とともに、超私的な視点で描くイラスト・エッセイ。(2007年刊)
本の構成 ▶ページ見本
4861710839
僕の音盤青春記 Part2 1976~1981
大学、そして社会人になった牧野良幸が出会った音盤の数々を、ちょっぴり情けない、でも笑えて泣けるエピソードともに超私的な視点で描くイラスト・エッセイ。(2011年刊)
4861711142
牧野式高音質生活のすゝめ ~SACDからBlu-ray Audioまで高音質ソフト234レビュー
SACDラボ♪♪のレビューを中心にまとめた、全国30万人の“中高年高音質ソフトこだわりオヤジ御用達”のムック。(2013年刊)
詳しくはこちら
4764131102
オーディオ小僧の食いのこし
昭和のソノシート、4チャンネル、エアチェック、カセット・ラベル作りから、平成のSACD、ホームシアターまで。昭和~平成オーディオクロニクル。2色刷りイラスト・エッセイ。
牧野良幸 プロフィール
1958年、愛知県岡崎市生まれ。関西大学社会学部卒業。卒業後版画制作を始める。同時にイラストを雑誌、単行本、WEBに描く。音楽への愛着も深く、イラスト・エッセイとして「僕の音盤青春記」を『CDジャーナル』(音楽出版社)に連載中。最近はハイレゾに関するエッセイも多い。単行本に『僕の音盤青春記 1971-1976』『僕の音盤青春記 Part 2 1976-1981』『牧野式高音質生活のすゝめ』(音楽出版社) 、『オーディオ小僧の食いのこし』(共同通信社)がある。ほかに絵本や版画の個展など多方面で活動している。
▶牧野良幸ホームページ

僕のビートルズ音盤青春記
Part1 1962-1975

176ページ・オールカラー 
¥1800   音楽出版社
Amazon  Tower Records
4861711452

僕のビートルズ音盤青春記
Part2 1976-2015

208ページ・オールカラー
本体1,759円 + 税 音楽出版社
Amazon Tower Records
僕のビートルズ音盤青春記 Part 1 ~ 1962-1975 ~ 
僕のビートルズ音盤青春記 Part 1 ~ 1962-1975 ~
(CDジャーナルムック)
絵と文・牧野良幸

176ページ・オールカラー
¥1800   音楽出版社

Amazon  Tower Records
リアルタイムではなかったけれど、70年代前半のソロ活動を肌で体験し、しかも細部までよく覚えている。 そんな牧野さんの、ビートルズだけの「音盤青春記」をぜひ読んでみたかったのです。版画家としての“もうひとつの顔"が覗ける巻頭グラビアも最高です。
藤本国彦

口絵 僕のサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(手彩色銅版画)

  • 『サージェント・ペパース・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の各曲を銅版画でビジュアル化 
  • 最後の意味不明の言葉もビジュアル化

第一章 子供の僕とビートルズ  〜ビートルズが活動していたあの頃〜

  • 1962年/鉄人になれず幼稚園で泣いた年
  • 1963年/『海底軍艦』と「こんにちは赤ちゃん」の年
  • 1964年/東京オリンピックと『モスラ対ゴジラ』の年
  • 1965年/ビートルズ旋風とテケテケテケの年
  • 1966年/ソノシートとグループ・サウンズの年
  • 1967年/サンダーバードと「ブルー・シャトー」の年
  • 1968年/「明治百年」と吉永小百合の年
  • 1969年/東大紛争とアポロ11号の年

第二章 中学生の僕とビートルズ  〜ビートルズ解散直後の頃〜

  • 坊主頭が洋楽を聴き始める/メリー・ホプキン「ケ・セラ・セラ」
  • 最初のシングル、うるさいが不思議な衝撃!/ザ・ビートルズ「シー・ラヴズ・ユー」(だったか?)
  • “ミート・ザ・ビートルズ”はこのレコードから/ザ・ビートルズ『ビートルズ!』
  • 「アイル・ゲット・ユー」が聴けるレコード/ザ・ビートルズ『ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』(米キャピトル盤)
  • 中学生にも伝わった、はちきれんばかりの生命感/ザ・ビートルズ『ビートルズがやって来る ヤァ! ヤァ! ヤァ!』
  • 騒音と、つかみ曲と、同級生の名前と/ザ・ビートルズ『ビートルズ '65』
  • ドイツ語の曲に惹かれたが/ザ・ビートルズ『ビートルズ No.5!』
  • ビートルズ中毒がさらに深まる/ザ・ビートルズ『4人はアイドル』
  • 音楽専用テープにふさわしい深淵の森/ザ・ビートルズ『ラバー・ソウル』
  • ステレオであることが嬉しくて/ザ・ビートルズ『ステレオ! これがビートルズ 1& 2』
  • なかったことにしたレコード/ザ・ビートルズ『ビートルズ物語』
  • オリジナル・アルバムのように愛したLP/ザ・ビートルズ『イエスタデイ・アンド・トゥデイ』
  • これしかなかった、ビートルズのベスト盤/ザ・ビートルズ『オールディーズ』
  • 実験アルバムにふさわしく、新発売のテープに録音/ザ・ビートルズ『リボルバー』
  • 初めて買ったビートルズのLP/ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』
  • 安っぽい標準テープからカラフルな音楽が/ザ・ビートルズ『マジカル・ミステリー・ツアー』
  • 「カム・トゥゲザー」でビビるLPじゃなかった/ザ・ビートルズ『アビイ・ロード』
  • ビートルズのアイコン的レコード/ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』
  • 大人びたビートルズのレコード/ザ・ビートルズ『ヘイ・ジュード』
  • 芸術性の高いアルバムがバ、バ、バ!/ザ・ビートルズ『ザ・ビートルズ』
  • 「ヘイ・ブルドッグ」が支えたアルバムだけど/ザ・ビートルズ『イエロー・サブマリン』
  • 新人“ぽーる”の偉大なソロ作品/ポール&リンダ・マッカートニー『ラム』
  • 『ラム』の裏に録音した野に咲く花/ジョン・レノン『イマジン』
  • LPを不当に扱ったもどかしさ/ポール・マッカートニー『マッカートニー』
  • 「『ウイングス・ワイルド・ライフ』はつまらない!」/ウイングス『ウイングス・ワイルド・ライフ』
  • ジョンとヨーコのシングル共演盤/ジョン&ヨーコ「女は世界の奴隷か!」
  • 数少なくても存在感のあるシングル/ジョージ・ハリスン「マイ・スウィート・ロード」リンゴ・スター「明日への願い」

第三章 高校生の僕とビートルズ 〜リアルタイムの時代〜

  • 禅寺の石庭のようなレコード/ジョン・レノン/プラスティック・オノ・バンド『ジョンの魂』
  • ポールが復活、一番乗り/ポール・マッカートニー&ウイングス『レッド・ローズ・スピードウェイ』
  • 前触れもなく現れたベスト盤/ザ・ビートルズ『ザ・ビートルズ/1962年〜1966年』 ザ・ビートルズ『 ザ・ビートルズ/1967年〜1970年』
  • 一発屋でなかったジョージ/ジョージ・ハリスン『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』
  • リンゴが主役になった!/リンゴ・スター『リンゴ』
  • 雲間から現れる光/ジョン・レノン『ヌートピア宣言』
  • ポールの独壇場アルバム/ポール・マッカートニー&ウイングス『バンド・オン・ザ・ラン』
  • カセットでポールのシングル集/カセット・デンスケ
  • ジョンは確実に音楽を届けてくれている/ジョン・レノン『心の壁、愛の橋』
  • 自分で弾いたビートルズ/カワイのピアノとビートルズのピアノ譜
  • 70年代ロックの落日と誤解/ジョージ・ハリスン『ダーク・ホース』
  • 駆け抜けたビートルズ・ロードの終了/ウイングス『ヴィーナス・アンド・マース』
僕のビートルズ音盤青春記 Part 2 ~ 1976-2015 ~
僕のビートルズ音盤青春記 Part2 1976 - 2015
(CDジャーナルムック)

絵と文・牧野良幸

A5判 208ページ・オールカラー
本体1,759円 + 税
音楽出版社

Amazon Tower Records

50年前、リヴァプールに行った時、当地のタクシーの運転手は、ビートルズを知らなかった!? それが今は、どこへ行ってもビートルズ一色ということをこの紀行記で知って、ちょっとのぞいてみたくなった。ビートルズ好きの2人が、ロンドン・リヴァプールを巡って追体験する様子は、自分もそこに参加しているようで楽しい。イラストを眺めているだけでも興味をそそられ、4人がフット浮かんでくる。
星加ルミ子
本書はPart 1の続編です。
“ビートルズ熱”が一時冷めた大学時代から、ふたたび彼らに夢中になり、
ついにポール・マッカートニーの2008年リヴァプール公演と、
2015年武道館公演を体験するまでを追った
イラスト・エッセイ集『僕の音盤青春記』の“ビートルズ編”第2弾。

第一章 大人の僕とビートルズ 〜空白と懐古、そして新時代〜

  • ミュージック・カセットとポールの逮捕事件/ザ・ビートルズ『 ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』
  • 復活したジョン・レノン、そして /ジョン・レノン&ヨーコ・オノ『ダブル・ファンタジー』
  • ビートルズ全曲を一気に聴く醍醐味/ NHK―FM
  • 久しぶりに買ったジョンのレコード/ジョン・レノン&ヨーコ・オノ『ミルク・アンド・ハニー』
  • ようやく、ビートルズの初CD化/ザ・ビートルズ『 サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』
  • 中古アナログ盤で〝ポール巡礼の旅〟/ポール・マッカートニー『タッグ・オブ・ウォー』
  • リアルタイムでビートルズの新曲「フリー・アズ・ア・バード」/ザ・ビートルズ『アンソロジー 1,2,3』
  • 『イエロー・サブマリン』が生まれ変わった/ザ・ビートルズ『イエロー・サブマリン〜ソングトラック〜』
  • 僕の21世紀の〝赤盤〟/ザ・ビートルズ『ザ・ビートルズ 1』
  • 真のビートルズ・マニアならモービル・フィデリティ/ザ・ビートルズ『リボルバー』(モービル盤)
  • 音が違う、ミックスが違う、オリジナルUK盤の世界/ ザ・ビートルズ『プリーズ・プリーズ・ミー』(UK盤)
  • とうとう買った、あの3枚組/ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』〈ニュー・センチュリー・エディション)
  • ポールの枯淡の境地?/ポール・マッカートニー『ドライヴィング・レイン』
  • 初めて観た、生のポール/ポール・マッカートニー『バック・イン・ザ・U・S・〜ライヴ2002』
  • シンプルな『 レット・イット・ビー』/ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー...ネイキッド』
  • これでジョージを勉強せい/ジョージ・ハリスン『 ダーク・ホース・イヤーズ 1976―1992』
  • アナログ盤で買いそびれた〝混沌〟と〝追憶〟/ポール・マッカートニー『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ ザ・バックヤード』『メモリー・オールモスト・フル』
  • サラウンドで聴いてこその『LOVE』/ザ・ビートルズ『LOVE』

第二章 僕とイギリスのビートルズ(リヴァプール編) 〜ビートルズの故郷を訪れて〜

  • ポールを観に、リヴァプールへ!
  • ビートルズ誕生の地、リヴァプールに到着
  • リヴァプール最初の夜にヘコむ
  • ホテルでの騒動
  • 再開発されたアルバート・ドック
  • アメリカから来た2人組
  • ノルウェーの夫妻と、これが〝オビ〟ですネ!
  • ビートルズ・ショップでジョンのプラモデル
  • ビートルズの聖地キャヴァーン・クラブ
  • エンプレス・パブはセンチメンタルな思い出
  • 昼ごろ、ポールが来てたヨ
  • ジョンとスチュの壁画と人情味のあるパブ
  • ジョンの通った美術学校
  • ひっそりと、ストロベリー・フィールズ
  • ジョンが育った綺麗な家
  • 今も残る床屋とダイハツ
  • ジョージ・ハリスンの生家
  • リヴァプールでポールのコンサート
  • タクシーが拾えない!
  • バスでビートルズ巡り
  • リヴァプールからロンドンへ

第三章 僕とイギリスのビートルズ(ロンドン編)〜ビートルズの活躍の場を訪れて〜

  • まずはポールの事務所から
  • ソーホーからピカデリー・サーカスまで歩く
  • ビートルズが屋上で演奏した場所
  • ノッティング・ヒル・ゲートの中古レコード・ショップ
  • いざ、アビイ・ロード
  • ポールの〝ポールらしい家〟
  • あの煙突が目の前に現れた
  • ジョージの住んでいたフライアー・パーク

第四章 オヤジの僕とビートルズ 〜明日に向かうビートルズ〜

  • 初のリマスターは、モノラルに惹かれ/ザ・ビートルズ『ザ・ビートルズ MONO BOX』
  • ビートルズの新しい聴き方/ザ・ビートルズ『ザ・ビートルズ USB』
  • 心で感じる〝新しい〟レコード/ポール・マッカ ートニー『NEW』
  • 11年ぶりの来日、僕にとっては5年ぶりのポール〈アウト・ゼアー・ジャパン・ツアー〉東京ドーム
  • モノラルのUK盤にケジメ/ザ・ビートルズ『MONO LP BOX』
  • ハイレゾで好きになったソロ作品/ジョージ・ハリスン『 オール・シングス・マスト・パス』ウイングス『スピード・オブ・サウンド』
  • ポールがユーゲン、ジッコーして再来日〈アウト・ゼアー・ジャパン・ツアー2015〉東京ドーム
  • ついに武道館でポール〈アウト・ゼアー・ジャパン・ツアー2015〉日本武道館

コラム

  • 僕のビートルズ・メモリアル〜その1〝ミュージック・カセット〟
  • 僕のビートルズ・メモリアル〜その2〝リヴァプールの想い出〟
  • 僕のビートルズ・メモリアル〜その3〝ロンドンの想い出〟
  • 僕のビートルズ・メモリアル〜その4
    〝武道館のチケットとオープンリール・デッキ/『タッグ・オブ・ウォー』と『ザ・ビートルズ1』〟

僕のビートルズ音盤青春記 Part1 1962-1975

176ページ・オールカラー 
¥1800   音楽出版社
Amazon  Tower Records
4861711452

僕のビートルズ音盤青春記
Part2 1976-2015

208ページ・オールカラー
本体1,759円 + 税 音楽出版社
Amazon Tower Records