topaboutblogClassicjazzPopsjpopselect
S
ドナルド・フェイゲン  モーフ・ザ・キャット


Donald Fagen
Morph the cat
5.1 Suround sound music

DVD-Audio+CDの2枚組

Amazon

普通のプラケースに2枚収納。

ブックレット
表紙に「5.1SORROUND SOUND MUSIC」の文字。中は、DVD-Audio関連のクレジットが入るだけで、CD盤と同じデザイン。各ページにイメージ写真と英語歌詞。

DVDオーディオ
サラウンド:96kHz/24bit
ステレオ:96kHz/24bit
ドルビーデジタル&DTS
映像特典、ボーナストラック等はなし

※96kHz/24bitのDVD音源を聴くには、ユニバーサルプレーヤーが必要です。
※ドルビーデジタル&DTSは、通常のDVDプレーヤー、ブルーレイプレーヤーで再生できます。DVDオーディオとくらべると音の肉付きで劣りますが、サラウンドの広がりは満喫できて、それなりの音です。

『モーフ・ザ・キャット』のDVD-Audio

 『モーフ・ザ・キャット』は、スティーリー・ダンのヴォーカル、ドナルド・フェイゲンのソロ3作目。2006年の作品です。
 そのDVDオーディオ盤があったので、さっそく聴いてみました。同内容を収めたDVDオーディオ・ディスクとCDの2枚組です。

ソロ3作目は『ナイト・フライ』に匹敵するカッコよさ

 このアルバムについてドナルド・フェイゲンは、「若者の視点で描いた『ナイトフライ』、中年期にフォーカスをおいた『Kamakiriad』、そして『モーフ・ザ・キャット』で3部作は完結するのさ」(国内盤CDライナーより)と言っています。また母の死から、自分の残り少ない人生を思い「終焉ついて語ったアルバム」とも。
 とはいえ音楽は、これまでのソロと同様、都会的でジャジー、ショートストーリー風の詩は、オシャレです。
 個人的には、本作は、傑作『ナイトフライ』に匹敵するクオリティのアルバムだと思います。『Kmakiriad』も確かに良かったのですが、コンセプトにやや寄りかかりすぎの気がしました。『モーフ・ザ・キャット』では再び、ストレートで“五感にビンビンくるカッコよさ”に仕上っています。

実のあるシルキーサウンドが、リスニング・ルームに浮かぶサラウンド

 本作はもともとCDでもかなりいい音です。クリアな音、分厚い低音。「これ以上、何を望むのか」と思いますが、DVDオーディオの音は、やはり質がちがいます。
 DVDオーディオではステレオ、サラウンドとも96kHz/24bit。CDとくらべると、ヴォーカルで肉付きのよさを感じます。
 サラウンドは360度囲まれる配置。ヴォーカルはドラム以外重なる音がなくなるので、2chより大きな音像になります。
 そのサラウンドは「各音がこちらに向かって出てくる」というより、「各音が部屋にただよう」感じです。とくに減衰系の音と、薄く重ねられた音(バックヴォーカルなど)が繊細。シルキーサウンドが、いくつもシーツのようにリスニング・ルームに浮かびます。
 ここに、スティーリー・ダンゆずりのリズムが刻まれるわけですから、極上のサラウンドです。

Amazon

ドナルド・フェイゲンのSACDハイブリッド
ドナルド・フェイゲン/ナイトフライ
DVD Audio音源をSACDハイブリッド化。ドンピシャのアンサンブル、ハーモニーを全方向で聴く
Amazon 
ドナルド・フェイゲン/スティーリー・ダンのDVDオーディオ
B00006LETU Nightfly/ドナルド・フェイゲン
フェイゲン初のソロ。細部までしっかり構築されたアレンジ、楽曲の質の高さで文句なしの傑作。2011年にSACD化されました。
B00009P1NL Kamakiriad/ドナルド・フェイゲン
『ナイト・フライ』から11年ぶりに発表。コンセプト風アルバムだが、あいかわらずドナルド・フェイゲンらしい隙のない音楽。
B000056BSN Two Against Nature/スティーリー・ダン
スティーリー・ダンの2000年以降復活第1弾。
B0000942R1 Everything Must Go/スティーリー・ダン
スティーリー・ダン復活第2弾。
B0001JXQDI Gaucho
SACDもリリースされていますが、DVDオーディオでもリリースされています。
   
2011.3.11