topaboutblogClassicjazzPopsjpopselect
S

エルトン・ジョン
キャップテン・ファンタスティック・アンド・ザ・ブラウン・ダート・カウボーイ

Hybrid Stereo/Multi-ch
輸入盤

Amazon

角の丸いプラケース

エルトン・ジョンの〈初登場全米1位〉アルバムのSACD化

 エルトン・ジョンの70年代の名作『キャップテン・ファンタスティック・アンド・ザ・ブラウン・ダート・カウボーイ』もSACD化されております。
 本作は、史上初の〈初登場全米1位〉アルバムですが、内容は地味目の曲を集めたトータル・アルバムです。あえてヒット曲を入れず制作した当時のエルトン・ジョンの自身のほどがうかがえます(といってもいい曲だらけですが)。
 さて、SACD化された『キャップテン・ファンタスティック・アンド・ザ・ブラウン・ダート・カウボーイ』は大変満足する内容です。
 音はもちろんいいですが、マルチチャンネルもとても良いと思いました。エルトン・ジョンのSACDでマルチチャンネルがいいのは『グッバイ・イエロー・ブリック・ロード』とこの作品でしょう。やっぱり、にぎやかな音作りの方がマルチチャンネルはいいですね。
 音もマルチのが伸びやかに感じます。これは推測ですが、マルチだと新たにリミックスする必要があるので、オリジナルにさかのぼってもう一度制作しているからでしょうか。

ヒットはボーナストラックで満喫

 このSACDにはボーナス・トラックも入っておりまして、ボーナス・トラック反対派の僕も、これは許しちゃいます。
 『キャップテン~』と同時期のシングルを収録。ジョン・レノンがギターとバックボーカルで共演している「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」と「ワン・デイ」。
 特に「ルーシー~」のマルチチャンネルは、原曲のサイケな感じを表していてサラウンド感が最高です。
 それから大ヒット曲「フィラデルフィア・フリーダム」。キャッチーな曲に胸がすく思いがします。
 いずれも素晴らしい曲ばかりなので、ボーナス・トラックは文句なし。本編終了後からの時間も多めにとってあるので、アルバムの雰囲気もそこないません。

Amazon

エルトン・ジョンのSACD
Elton John
吟遊詩人エルトン・ジョンのセカンドアルバム。名曲「ユア・ソング」収録
SA-CDラボ♪♪レビュー
Tumbleweed Connection
サードアルバム。シブイイメージながら隠れた名盤。このアルバムのファンは多い。
SACDラボ♪♪レビュー
Madman Across the Water
重厚なストリングを加えた名盤。名曲「可愛いダンサー」「リーボン」収録
SACDラボ♪♪レビュー
Honky Chateau
タイトなバンド演奏のフランス録音。ヒット曲「ロケット・マン」収録
Goodbye Yellow Brick Road
エルトン・ジョンの代表的傑作。オリジナルは2枚組ながら駄作曲なし。
SA-CDラボ♪♪レビュー
Captain Fantastic and the Brown Dirt Cowboy
エルトン・ジョンの〈初登場全米1位〉アルバム
SA-CDラボ♪♪レビュー
Peachtree Road
21世紀になってからのエルトン・ジョン作品
SA-CDラボ♪♪レビュー
2008.1.16