topaboutblogClassicjazzPopsjpopselect
S

エルトン・ジョン
グッバイ・イエロー・ブリック・ロード(黄昏のレンガ路)

GOODBYE YELLOW BRICK ROAD
ELTON JOHN

輸入盤、2枚組

Amazon

ボーナス・トラックはアルバム・カットされたシングルのB面曲。
これらは、レベルが落ちるから、B面にまわしたわけで、それがアルバムに入っていると、自分で昔作ったベスト版カセットみたいで、妙に懐かしかった。

絶頂期のエルトンなら2枚組もなんのその

『グッバイ・イエロー・ブリック・ロード』は2枚組レコードとして完成度の高いアルバムだ。
「ビートルズやストーンズでもできなかったを、エルトン・ジョンはやりやがった!」と発売当時、大層評判になった。
 もっともビートルズの「ホワイト・アルバム」やストーンズの『メインストリートのならず者』は、その未完成さゆえに永遠の生命力を持っていると思う。
 この2枚がディオニソス的なら、本アルバムはアポロ的だ。オープニングの「葬送~血まみれの恋はおしまい」から、エンディングの「ハーモニー」まで、テンションを保ち続け、駄作なしに、いろいろなタイプの曲を聴かせきってしまう。この頃のエルトンの想像力はホントすごかった。

2枚組復活はうれしいが

 SACDではオリジナルどおり2枚組。
 最近のCDでは1枚組になっていたので、2枚組で復活は歓迎したい。「ホワイト・アルバム」ほどではないが、本アルバムもレコード面で色合いがちがうのだ。筆者には、レコード2枚目「スウィート・ペインテッド・レイディー」から聴くのが、楽しみであった。

人生の黄昏に、マルチチャンネルで今一度

 若いころよく聴いたアナログ。レコードに針を落とせば、曲に心を奪われ、迫力のある演奏と録音。でも、意外と「音が割れてるかな」と思った所もあった。
 SACDでは、その疑いも晴れ、どこまでもクリーン。超キレイな針で、超キレイなレコードを再生してる感じです。もうナガオカのクリーナーもいらないぞ、ということです。
 本ディスクはマルチチャンネルこそ最高です。最初の「葬送」の風の音が、部屋中に拡がったときから、「おー、マルチ、ぴったりじゃん!」と確信できました。ぜひ聴いてみてちょ。じゃあねー。グッバイ、家のブリッコ、ロード。

Amazon

エルトン・ジョンのSACD
Elton John
吟遊詩人エルトン・ジョンのセカンドアルバム。名曲「ユア・ソング」収録
SA-CDラボ♪♪レビュー
Tumbleweed Connection
サードアルバム。シブイイメージながら隠れた名盤。このアルバムのファンは多い。
SACDラボ♪♪レビュー
Madman Across the Water
重厚なストリングを加えた名盤。名曲「可愛いダンサー」「リーボン」収録
SACDラボ♪♪レビュー
Honky Chateau
タイトなバンド演奏のフランス録音。ヒット曲「ロケット・マン」収録
Goodbye Yellow Brick Road
エルトン・ジョンの代表的傑作。オリジナルは2枚組ながら駄作曲なし。
SA-CDラボ♪♪レビュー
Captain Fantastic and the Brown Dirt Cowboy
エルトン・ジョンの〈初登場全米1位〉アルバム
SA-CDラボ♪♪レビュー
Peachtree Road
21世紀になってからのエルトン・ジョン作品
SA-CDラボ♪♪レビュー

2004.5.4