topaboutblogClassicjazzPopsjpopselect
S
ザ・キンクス
不良少年のメロディ~愛の鞭への傾向と対策


THE KINKS
THE KINKS PRESENTS SCHOOLBOYS IN DISGRACE
Hybrid Stereo/Multi-ch
輸入盤、KOCH
SACDハイブリッド

Amazon

デジパック仕様。ブックレットには歌詞とライナー。アルバムに関係するステージの写真も載っている。

パッケージには「SACD SOROUND SOUND」とクレジットされ、SACDマルチチャンネルが収録されているようにみえるが間違い。収録されている音はSACDステレオとCD。

ザ・キンクス、一番のお気に入り

 ブリティッシュ・ロックの有名グループ、ザ・キンクスのアルバムは、幸いにも70年代と80年代の作品がSACD化されています。
 「キンクスは60年代のほうが好きだ」というコアなマニアがいます。その意見には賛成ですが、個人的にベストワンを上げろと言われれば、僕は75年発表の『不良少年のメロディ』を選びます。キンクスの全キャリアのなかで一番好きなアルバムです。
 60年後半〜70年代前半、キンクスはロック・オペラ風となり、とっつきにくい時期がありましたが、『不良少年のメロディ』は、コンセプトアルバムの面影は残しつつ、ストレートなロック&オールドロックを配した切れ味のいい作品です。
 収録曲はハイスクール時代のネタがいろいろ。レイ・デイヴィスの作るメロディ・ラインは最高で、1曲目「スクール・デイズ」からラスト「フィナーレ」までまったく飽きません。
 個人的には70年代ロックの代表的アルバムのひとつに上げたいところです。

70年代のロックバンド音が、厚く柔らかく鳴る。アナログの肉汁たっぷり

 このSACDは「アナログのテイストがたっぷり」です。
 70年代ロックのSACDは数多く聴いていますが、「ロックのアナログらしい音」が堪能できるSACDは、この『不良少年のメロディ』が一番だと思っています。
 70年代ロックバンド特有の厚みのある音が、本当に柔らかく鳴るのです。彦摩呂風に言わせてもらえれば「アナログの肉汁やぁ〜!」ということでしょう。
 キンクスの最高の音楽、70年代のアナログ音、SACDのまろやかさ、と三拍子揃ったディスクです。

Amazon

キンクスのSACDレビュー
キンクス/ON FOR THE ROAD
キンクス、いいぞ。1980年のライヴ
Amazon
キンクスのSACDをまとめて見る(Amazon)
2009.12.26