topaboutblogClassicjazzPopsjpopselect
S

リトル・リチャード
LITTLE RICHARD/HERE'S LITTLE RICHARD

LITTLE RICHARD
LITTLE RICHARD/
HERE'S LITTLE RICHARD
(MONO)

Amazon

角が丸いSACD用のプラケース。2枚のアルバムを一枚に収録。

ブックレット表(写真)は、『 HERE'S LITTLE RICHARD』のアルバムカバー。ブックレット裏に同じデザインで『LITTLE RICHARD』のアルバムカバーが印刷してある。好みで替えて、てことかな。

一枚ものプラケースだか、なぜか2枚収納タイプである。もちろんSACDは1枚しか入っていない。製作者も最初は2枚組と勘違いしたのか?(笑)

ロックン・ロールの原石がここにある

 リトル・リチャードの初期LP2枚が、1枚にパックされたSACD。なのでタイトルは『LITTLE RICHARD/HERE'S LITTLE RICHARD』。SACD/CDハイブリッド盤、モノラルSACDです。

 このSACDは、アルバム『HERE'S LITTLE RICHARD』(1957年)と『LITTLE RICHARD』(1958年)が収録されています。
 リトル・リチャードのノリはいいですね。
「のっぽのサリー」とか「ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ」、「グッド・ゴリー・ミス・モリー」など、ビートルズやCCRなどがカバーした曲がたくさん入っています。
 でもこうやって聴きますと、「ビートルズでデビューしたころのポール・マッカートニーは、リトル・リチャードの影響をかなり受けてるなあ」とつくづく思いました。歌い方がとても似ている。
 ビートルズは単にリトル・リチャードの曲をカヴァーしただけでなく、もっと深いところまで影響されていたんだな、と後追い勉強をしてしまいました。
 話を戻すと、リトル・リチャード、曲もいいですね。ビートルズやCCRでなくとも、時代を問わずカバーしたくなる曲だと思う。
 どの曲もロックン・ロールの原点というか、「原石」みたいな感じがします。誰もが自分流に磨き上げ、輝かせられる曲ですね。数え切れないくらいのアーティストが、リトル・リチャードの曲をカバーしているのは、わかる気がします。
 LP2枚分なので、全部で24曲入りです。パッケージには23曲しかクレジットがありませんが、24曲目に名曲「ルシール」が入っています。隠しトラックでもないようなので、単に記述もれでしょう。

Amazon
AmazonMobile FidelityのSACDをまとめて見る

2008.1.9