topaboutblogClassicjazzPopsjpopselect
S

ムーディー・ブルース デイズ・オブ・フューチャー・パスト

Moody Blues
DAYS OF FUTRRE PASSED
Hybrid Stereo/Multi-ch
輸入盤、2枚組デラックスエディション

Amazon

夜空のようなマルチチャンネルに、中年男はひたる

 本作はムーディー・ブルースの2作目であるが、実質的に「プログレバンドとしてのファースト」といってさしつかえないでしょう。ロンドン・フェスティバル・オーケストラとの共演で、1967年、当時最先端の〈ロックとクラシックの融合〉をテーマに制作された。

 音楽は、一日の始まりから、夜までを描くコンセプト。ムーディー・ブルースのバンド演奏と、オーケストラ演奏が交互に配置されトータルな作品になっています。
最近このアルバムが、なぜか聴きたくなってしまいます。アナログレコードで聴いている時は、それほどではありませんでした。
しかし、マルチチャンネルで聴く『デイズ・オブ・フューチャー・パスト』は、2CHのそれとは別世界で、中年男がむしょうにひたりたくなるのです。

 マルチチャンネルは、70年代に制作された4チャンネル音源をマニピュレートしたもので、180度、きれいに球状にできあがる気がします。音のプラネタリウムと思ってみてください。
オーケストラは、クラシックというよりミュージカル調のライトなものですが、サラウンド空間ではそれも安っぽくならない。先に書いた音のプラネタリウムを見事に演出してくれます。
最後は名曲「サテンの夜」。夜空のようなマルチチャンネルに包まれます。ドラマ性、音の広がりが、疲れた中年男を癒してくれるわけですね。
本作はデラックスエディション。1枚目がSACD。2枚目はCDで、別テイクや、1967年モノシングル、BBCラジオセッションら19曲が収録されている。これらを聴くと、プログレというより60年代ポップバンドとしてのムーディー・ブルースが感じられて面白い。

Amazon

ムーディー・ブルースのSACD
Days of Future Passed
邦題『デイズ・オブ・フューチャー・パスト』
2枚組デラックスエディション、名作「サテンの夜」収録。
In Search of the Lost Chord
邦題『失われたコードを求めて』
2枚組デラックスエディション、セカンドアルバム
On the Threshold of a Dream
邦題
『夢幻』
SA-CDラボ♪♪レビュー
幻想的なムーディー・ブルース
To Our Children's Children's Children
邦題『子供たちの子供たちの子供たちへ』2枚組デラックスエディション
SA-CDラボ♪♪レビュー
イギリスのジェントルなプログレ、ムーディー・ブルース
Question of Balance
邦題『クエスチョン・オブ・バランス』
70年代に入っての1枚。
Every Good Boy Deserves Favour
邦題『童夢』
SA-CDラボ♪♪レビュー
マルチチャンネルも秀逸、プログレ度十分の傑作
Seventh Sojourn
邦題『セブンス・ソジャーン』
SA-CDラボ♪♪レビュー
ムーディーブルースの代表作。イチ押しの1枚
2008.12.31