topaboutblogClassicjazzPopsjpopselect
S

ブラッド・スウェッド&チアーズ Blood Sweat & Tears

BS&Tの名作がMobile FidelityからSACD化

 モービルによる、69年の名盤のSACD化。
 このSACDも音がいいです。
 せんべい布団があるとする。それを「一日干して、ふっくらしたような音」なのです。このSACDの音は。
 はちきれんばかりに、みずみずしい音がでてきます。そしてあいかわらずSACDらしい、音と音のあいだの空気感も魅力だ(そこが僕は一番好き)。ベースの迫力もすごい。
 このアルバム、1969年の発売なんだけど、録音は68年なんだよねえ。それがこんな音で出てくるのだからびっくりです。
 これはグラミー賞受賞作で、もちろん名作です。
「Spinning Wheel」なんて誰でも聴いたら、「ああ、あれか」と知っているんじゃないでしょうか。
 このアルバムはSACDで初めて聴きました。Blood Sweat & Tearsは『3』もモービルから発売されています。こちらもよさそうですね。

2005.3.29