topaboutblogClassicjazzPopsjpopselect
S
イエス
The Yes Album  (Blu-ray Audio+CD)

B00IS3E30Y
YES
The Yes Album

Amazon

Hybrid
輸入盤

Blu-ray Audio

2014 Stereo MIxes (24/96 MLP Lossless)

5.1 Surround Mixes
(24/96 MLP Losslessと DTS 96/24)

Original Stereo Mixes
(LPCM 24/192) - Flat transfer from origingal master

Additional Material: Alternate Alubum
(LPCM Stereo 24/96)

Blu-ray Exclusive: Single Versions, edits & Live
(LPCM Stereo 24/96)

Blu-ray Exclusive: 2014 Stereo Instrumental Mixes
(LPCM Stereo 24/96)

Needle-drop: UK Vineal transfer (LPCM Stereo 24/96)

CD

2014 Stereo Mixies
Additional Tracks(2曲)

スクリーンとリモコン

このBlu-ray Audioは色ボタンの操作ができるのもうれしいところ。瞬時に音源を聴き比べできるし、2014年音源に限るなら、モニターがなくても色ボタンで選べる。

赤色 - DTS-HD MA 5.1
緑色 - LPCM 5.1
黄色 - LPCM Stereo
青色 - 次のメニューへ移動
番号ボタン- トラック選択


色ボタンについて書かれた表記。

こちらがトップ画面。左上「2014 Mixes」、右上「Original Mix」、左下「Audio Setup」、右下「Extras」

ジャケット

とじの悪い紙ジャケットなので、購入時についていたビリールで入れておきたい。
ブックレットにはアナログ・レコードのレーベル写真や当時のポスターなど、こざっぱりとレイアウトされている。ジャケット裏

イエスの『こわれもの』以前、サード・アルバム

 本作は1971年発表のイエスのサード・アルバム。メンバーは ジョン・アンダーソン(vo)、クリス・スクワイア(b) 、ビル・ブラッフォード(ds)、トニー・ケイ(key)、そして新加入のスティーブ・ハウ (g) 。このアルバムで“プログレ・イエス”のスタートです。

 本作はBlu-ray AudioとCDの2枚組。2014年2ch & 5.1サラウンドの制作はおなじみスティーヴン・ウィルソンです。Blu-ray Audioの豊富な収録音源は左コラムをご覧ください。

やっぱり、イエスだぁ!の2014年ステレオ・ミックス

 新しく制作された2014年ステレオ・ミックス (24/96 MLP Lossless) は、分厚い音。ジューシーで厚みのある音です。
 たとえロジャー・ディーンのジャケットではなくても、「やっぱりイエスだぁ!」と感激させるコーラス、アンダーソンのヴォーカル、ゴリゴリと唸るベースを高音質で聴けます。

 あとオリジナル・ステレオ・ミックス(LPCM 24/192) も、2014年ミックスとはちがった音バランスなので、聴いてみる価値があります。

 オマケ的に収録の、UKアナログ・レコードの盤おこし音源 (LPCM Stereo 24/96)は、それらに較べると音がこもりぎみで歯切れが悪いです。
 アナログ派の僕もデジタル・ハイレゾの威力といいますか、2014年ミックスの威力をまざまざと感じました。


再生中の画面。左上にトラックメニュー。左下に収録音源ほかのメニュー。曲の途中でも音源を替えることができる、若干の途切れが生じるが。

分離感のよい360度サラウンド

 そしていよいよサラウンドです。
 「Starship Trooper」や「Perpetural Change」はサラウンドで、プログレとしての完成度が増した気がします。音も2chミックスと同じくらい分厚い。

 サラウンドは、楽器を分離感よく360度に配置しています。
 こういうタイプはSACD初期なら、切り貼りしたようなサラウンドになっていたものですが、さすがスティーヴ・ウィルソン、スカスカ感が全然ありません。

 音は必要とあればドンドン動かします。リードギターもアグレッシブなフレーズであれば、音譜単位で左右に動かしたりと過激です。でも幼稚になっていません。

 ハウの超絶ギター・ソロ「Clap」は歓声の含まれるライヴ録音なので、唐突にクラブ会場風サラウンドになりますが、それもまた楽し。サラウンド空間の変化が逆に面白い。
 演奏終了後にさりげなく会場のノイズ音をリアに置いて、再び360度サラウンドへの「つなぎ」にするところ、ニクいですねえ(こんな細かいところに感心するところがマニアです)。

B00IS3E30Y
イエス/Yes Album -CD+Blry-

2014.5.11