topaboutblogClassicjazzPopsjpopselect
S
トーキング・ヘッズ
True Stories (DualDisk)


Talking Heads
True Stories

Amazon

Hybrid (DualDisk)
国内盤

DVD-Audio (DVD SIDE)

・Adovanced Resolution 96kHz/24bit Surrund & Stereo

・Dollby Surrund & Stereo

・Video
「Wild Wild Life」「Love For Sale」

・Photo Gallery

CD SIDE

・Original Alubum

ボーナストラック

サラウンドにはヴォーカルがデヴィッド・バーンではなくPops Staplesがヴォーカルによる「Papa Legba」を収録。

CDにはその「Papa Legba」のほか2曲ボーナストラック。

パッケージ


デジパック仕様。CDの時はプラケースで、物足りないジャケットに思えたけど、デジパックの紙製ジャケットだと逆に味わいがあるデザインに思える。

ヘッズの7作目、Dual DiskというDVD-Audioで

 『トゥルー・ストーリーズ』は1986年のアルバム。前作『リトル・クリーチャーズ』からの路線変更を、さらに進めた感じです。カントリー調はあるものの、少しソリッドになった気がします。

 本作もDVD-Audioですが、CDと両面が貼付けられたDual Diskという仕様です(詳しくはこちら)。
 何かと不安視されたDual Diskですが、トレイ式のプレーヤーでは、問題なく使用できました。写真のように「DVD THIS SIDE UP」と書かれたほうを上にしてトレイにのせます(CDを聴く時は裏にする)。

音で勝負していたヘッズ、強靭なバンド・サウンド

 本作は発売時にCDで買いました。
 当時は「オレたちゃ、音で勝負しないぜ。知的でオシャレなアヴァンギャルドで勝負するゼ」だなと、勝手に思っていましたが、DVD-Audioでは「アナタたち、メッチャ 音で勝負してたじゃないですか!」となります。

 Adovanced Resolution Stereoで聴くと、他のトーキング・ヘッズのDVD-Audioと同じく、たいへんパワフルで厚い音です。
 ドラムは、まるでツェッペリンのボンゾ(ジョン・ボーナム)のような重戦車級。
  ギターもノイズがタップリとのった音になっています。ポップなメロディを強靭なバンド・サウンドで聴くことができるのです。


ブックレットには写真少々。これはデヴィッド・バーンが制作した映画『トゥルー・ストーリーズ』の何か、なのでしょうね。

サラウンドではさらに強靭な音

 Adovanced Resolution Surrundは、バンドがガレージで演奏しているような、そして自分も友人として、そこにいるような空間となります。
 横幅はそれほどでもないのですが、前方にちょっと深めの音場。サラウンドだと、ドラムの「ボンゾ度」がさらにでる気がします。ギターの「ノイズ度」もコクが充満します。2chの音がさらに弾力を増したのがサラウンドの音といえるでしょう。

そしてやっぱり「360度配置のサラウンド」だった

 サラウンドは全体的には、前方に音をまとめるかたちです。音楽にバッチリ合っているので、なんの不満もなく聴きすすめるのですが、気がつくと、やっぱり本作も「360度楽器サラウンド」となっていると気づきます。

 ユニークなパーカッションが活躍する「Papa Legba」は、360度からパーカッションが現れます。なかにはシュルシュルと蛇みたいに動いたりするパーカッションも。

 ジワジワと盛り上がる最後のロッカ・バラード「City Of Dreams」ではギターも、サイドからリアにかけて広がります。演奏の興奮と、360度サラウンドの重なり具合がうまくシンクロして盛り上がるところが、うまいと思いました。

 ということで本作もジェリー・ハリスン制作による素晴らしいサラウンドでした。音の厚みはもちろんのこと、曲を引き立てるワザも心得たサラウンドです。

B000CCD0GC
トーキング・ヘッズ/True Stories (Dig)

他のトーキング・ヘッズのDVD-Audioレビュー♪♪はDVD-Audioレビューからご覧ください

2014.5.15