トップページSACDとは?プログクラシックジャズポップスJポップス新譜
SACD Lab Ranking 2014 January - June
2011年後半ランキング
SACDラボ♪♪経由でAmazonで注文されたソフトのランキング。 (集計期間:2013年12月21日〜2014年6月30日)
1位
No1

またこのSACDが1位です。新しく聴かれる方がどんどんおられるのに驚きです。オーディオ・ファンは今もたくさんいるのではと、うれしくなります。
Amazon

2位
No2
同じことがこのノラ・ジョーンズのSACDにも言えます。ほんとにいつもランクイン。ノラ・ジョーンズは他のアルバムもSACDになっているのですけど、これが一番買いやすいのでしょう。
Amazon(輸入盤)

3位
No3
B000GPI2CM
LinnのSACDサンプラー。このところランキングの常連ですが、ベスト3に入るのは初めて。
Amazon

4位
何年たってもヒラリー・ハーンのこのSACDは人気がありますね。
Amazon

5位
これまたランキングの定番タイトル。ここまでは常連アルバムがランキングをしめたと言えます。
Amazon

6位
B00BSDTGAI
春以降に発売なのにランクイン。やはり誰もが知っている名盤の高音質化は強い。
Amazon

7位
B0052VI2V6
今さら説明するまでもなく、SACDでも人気です。
Amazon

8位
B00FW67H7Q
カーペンターズの1973年ベスト盤のSACDがランクイン。これもカーペンターズの人気を考えると納得。
Amazon

このDVDオーディオが久々にランクイン。6月にAmazonで低価格になったので一気にみんな注文したのでしょう。
Amazon

これは「安いSACD」という固定イメージがつきました。でも音楽は一流なのですから、どうしてこんなに安いのかホントにわかりません。
Amazon

9位
B00BSDTGAI
『オペラ座の夜』のBlu-ray Audioは前回に続いて連続ランクイン。
Amazon

10位
B00BSDTGAI
高音質の『イマジン』がここです。もうちょっとランクが上でもいいと思いましたけど。
Amazon

 11位
毎回おなじみのダイアナ・クラールのSACD。もう書くことがありません(笑)
Amazon

これも毎回ランクインするクラシックSACDのロングセラー。お買い得なセットだと思います。
Amazon

12位
上位にはいかないけれど、ひっそりとランキング内で生息する深海魚のようなSACD。「クラプトンが入るなら、なぜエルトン・ジョンのSACDは入らないの?」と言いたくなりますが(笑)
Amazon

13位
B00JPFTTTO
ランキング集計の最終日あたりに発売されたにもかかわらず一撃でランクイン! 予約数の多さが伺われます。シカゴ、アメリカ、エルトン・ジョンなどのオムニパスSACD。収録曲などの詳細はブログ記事をご覧ください。
Amazon

B00HHDWGPA
『ブロウ・バイ・ブロウ』のマルチチャンネルSACDがランクイン。 サラウンドへの期待を感じさせるランクインだと思います。
Amazon

昨年末にも短期でランクインしたのに続いて、今年も上半期ランクイン。異例の根強いタイトルといえます。
Amazon

カール・ベームとウィーン・フィルの来日ライヴも同じくランクイン。オールド・クラシック・ファンの故郷は、このあたりだと実感(^-^)
Amazon

 
SACDラボ♪♪のなかで、「深海魚のように定番化」しているSACDです。Eighty-Eight'sレーベル。
Amazon

14位
B0001FGBD4
ジャズのコンコードのサンプラー。サンプラーとしては古い物ですが、なぜか人気。
Amazon

15位
B00EG0MVMA
スティーヴン・ウィルソン製作によるサラウンド収録の『Yes Album』Blu-ray Audioです。5月ころ発売なのに、ランクインはさすが。
Amazon

B0037TRVHQ
これまたLinnのサンプラーです。今回も前回につづきランキングにサンプラーが多いです。
Amazon

これも非常にオーディオ・ファイルに根強い人気のSACDソフト。ランキングから消えたことがありません。
Amazon

16位
B008CWR7MC
LinnのSACDサンプラーが、前年から引き続きランクイン。マリンバの加藤訓子やクレア・マーティンなど収録。
Amazon

17位
B00EG0MVMA
スティーヴン・ウィルソン製作による『危機』のサラウンド収録のBlu-ray Audioです。これはレビューはないのでブログ記事をご覧ください(ジャケット写真あり)
Amazon

18位
B00EG0MVMA
山下達郎のアナログ・レコードがランクインという快挙。アナログ・レコードがSACDラボ♪♪ランキングに入るのは初めてです。価格が安かったこともひとつの要因ですが、やはりタツロー人気でしょう。
Amazon

 
ビル・エヴァンスの数ある人気SACDもこれがランクインのみになってしまいました。やはり価格が安めだからか。
Amazon

19位
TACETの360度サラウンドがまたもランクイン。クラシックの定番ディスクへの期待が高まります。
Amazon

 
B0056W2FBY
このSACD、ひさしぶりにランクインの気がします。
Amazon

20位
トミタの代表作『展覧会の絵』のSACD化。いつものように手堅くランクインです。
Amazon

 
B0052VI2V6
XTCのこのBlu-ray Audioが前回に続きランクインはうれしいところ。スティーブン・ウィルソン製作の2ch&サラウンド。
Amazon

 
B0056W2FBY
これもLinnのサンプラーです。Linnのサンプラーが多いです。
Amazon

SACDマルチチャンネルまでチェックできるソフト。
Amazon

21位 
B0067MWRZQ
レビューはなく、意外なアルバムのランクイン。6月はじめ、シングルレイヤーなのに価格が安かったからでしょう。みなさん、おトクなSACDは逃しません(笑)
Amazon

B0052VI2V6
英国の女性シンガー、ジュリア・フォーダムのSACD。これも最近つねにランクインしているのはうれしいです。個人的にファンなので。
Amazon

かつてのジャズのSACDで“帝王”だった定番ディスク。ひさびさにランクインしました。
Amazon

これも昨年からずっとランクイン。他の旧EMIのSACDが、ランキングから消えていくなかでずっとランクインしています。
Amazon

22位
B00FAC2GKA
『恐怖の頭脳改革』のDVD-Audioがランクイン。しかし発売前のアナウンスと違って、DVD-Audioには5.1chが入っておらず2chのみのようです。ご注意を。Amazonのレビューにも書いてあります。参考にしてみてください。
Amazon

B00IKM5MZI
Mobile Fidelityのリリース。前回ランクインの『Voices』に続くラインイン。
H2o

B005804N4Q
発売時の2011年にランクインして以来の、ひさびさのランクイン。これほどの名盤なら毎回ランクインしてもよさそうですが。
Amazon

23位
B00G3BRC2E
Audio Fidelityからジョン・アンダーソンのソロアルバムのSACD化。個人的にはもう少し上位になってほしかったです。
Amazon

B00I45827G
アレサ・フランクリンのベスト盤のSACD化。Mobile Fidelityより。
Amazon

これまた根強い定番SACD。上位にはいかないのですが、ランクからはずれたことがありません。
Amazon 

SACDでは人気のダイアナ・クラール。これも定番化タイトルのひとつ。
Amazon

ひさしぶりにランクに顔をだしました。高音質ファン御用達SACD。
Amazon

24位
B00G3BRC2E
前回に続き、今回もランクイン。この種の限定盤で連続ランクインはなかなか、ないことです。
Amazon

B0079J285A
2012年に大ヒットしたシリーズのなかの1枚が再びランクインしました。SACDラボ♪♪では特にとりあげなかったけどなあ。不思議です。
Amazon

ピアソラのSACDがひさびさの登場。
Amazon

24位
参考
プレーヤー
ソフトではなくハードですが、このユニバーサルプレーヤーが、ソフトに混じって24位でランクインしています。人気のほどを伺わせます。
Amazon

2014年7月〜12月と2014年年間ランキング