タワレコ《全品20%ポイント還元キャンペーン》

期間:2024年7月24日(水)0:00 ~ 7月26日(金)23:59まで!

詳しくはこちら

フルトヴェングラーの最晩年録音「ルガーノのフルトヴェングラー」がSACD化、2枚組限定盤

クラシック

ルガーノのフルトヴェングラー<限定盤>

フルトヴェングラーの「ルガーノのフルトヴェングラー」と呼ばれる歴史的録音がSACDハイブリッドで発売になる。SACDハイブリッド2枚組。限定盤。

フルトヴェングラーは亡くなる1954年、ベルリン・フィルを率いて演奏旅行に出ました。本作はその1954年5月15日、スイス、ルガーノでのライヴ。「ルガーのフルトヴェングラー」として有名な録音である。

今回キング・インターナショナルからSACD化されるのは、世界初出LPとなった伊チェトラの音源と同じミラノ・ディスコスが制作したアナログ・テープ(1/4インチ幅、秒速38cm)。それをキング関口台スタジオで最新デジタル・リマスタリングによりさらに改善した。

フルトヴェングラーが晩年にたどり着いた「田園」。イヴォンヌ・ルフェビュール(ピアノ)を迎えてのモーツァルトのピアノ協奏曲、そしてR.シュトラウスの“ティル”と、歴史的な録音がSACD化される。

DISC 1

ベートーヴェン:交響曲 第6番 ヘ長調 作品68「田園」

DISC 2

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466 *

R. シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」作品28

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

イヴォンヌ・ルフェビュール(ピアノ)*

【録音】

1954年5月15日テアトロ・アポロ、ルガーノ(ライヴ)

ルガーノのフルトヴェングラー<限定盤>