タワレコ《全品20%ポイント還元キャンペーン》

期間:2024年7月24日(水)0:00 ~ 7月26日(金)23:59まで!

詳しくはこちら

レオニード・コーガン『ライヴ・イン・パリ 1977&1982』がSACDシングルレイヤー

クラシック

ライヴ・イン・パリ 1977&1982
レオニード・コーガン 、 エマニュエル・クリヴィヌ 、 フランス放送新フィルハーモニー交響楽団

名ヴァイオリニスト、レオニード・コーガンの録音がSACDシングルレイヤーで発売になる。

『ライヴ・イン・パリ 1977&1982』が6月下旬に発売。

これはSpectrum SoundからCDでリリースされたものの廃盤となっているタイトルを、Global Culture AgencyがライセンスしてSACD化。

フランス国立視聴覚研究所(INA)所有のオリジナル音源(24bit/192kHz)から、国内で独自リマスターを施してSACDにした。ステレオ録音。

収録されるのはパリのライヴで、1977年メゾン・ドゥ・ラ・ラジオでのベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲。1982年ジェンゼリゼ劇場でのシューベルト、ブラームス、バッハ他だ。

収録曲

(1)〈ライヴ・イン・パリ1977〉
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.61
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第2番 ニ短調 BWV1004より サラバンド(アンコール)

(2)〈ライヴ・イン・パリ1982〉
シューベルト:ヴァイオリン・ソナチネ 第3番 ト短調 D.408
シューベルト:ヴァイオリンとピアノのための幻想曲 ハ長調 D.934
ブラームス:F.A.E.ソナタより スケルツォ ハ短調 WoO2
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第2番 ニ短調 BWV1004より シャコンヌ
パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
ファリャ(コハンスキー編):スペイン民謡組曲
プロコフィエフ:『ロメオとジュリエット』より 仮面(アンコール)

【演奏】
(1)エマニュエル・クリヴィヌ(指揮)、フランス放送ニュー・フィルハーモニー管弦楽団
(2)ニーナ・コーガン(ピアノ)
レオニード・コーガン(ヴァイオリン)

【録音】
ライヴ録音
(1)1977年2月18日/メゾン・ドゥ・ラ・ラジオ(ステレオ)
(2)1982年10月20日/シャンゼリゼ劇場、パリ(ステレオ)

cover

ライヴ・イン・パリ 1977&1982
レオニード・コーガン 、 エマニュエル・クリヴィヌ 、 フランス放送新フィルハーモニー交響楽団