タワレコ《全品20%ポイント還元キャンペーン》

期間:2024年7月24日(水)0:00 ~ 7月26日(金)23:59まで!

詳しくはこちら

ビー・ジーズのオリジナル・アルバム20作品が国内盤 廉価復刻SHM-CDで発売

ロック/ポップス

ビー・ジーズのオリジナル・アルバム20枚が、日本盤SHM-CD仕様で11月23日に再発売される。

発売になるのは1967年のデビューアルバム『ビー・ジーズ・ファースト』から2001年の最後のアルバム『ディス・イズ・ホエア・アイ・ケイム・イン』まで、20枚のオリジナル・アルバム。

これはユニーバーサルミュージックの人気廉価シリーズ〈My Generation, My Music〉での復刻。SHM-CD仕様。ジュエルケース、解説・歌詞・対訳付き。

抒情豊かな「メリディ・フェア」からディスコ・サウンドまで、ビー・ジーズの世界をこのシリーズでコレクションしてみはいかがか。

『ビー・ジーズ・ファースト』(1967)

記念すべき世界デビュー・アルバム。デビュー・ヒット「ニューヨーク炭鉱の悲劇」を収録。1967年発表

cover

ビー・ジーズ・ファースト

『ホリゾンタル』(1968)

ビー・ジーズの名前を世界中にとどろかせた、大ヒット「マサチューセッツ」を収録したセカンド・アルバム。1968年発表

cover

ホリゾンタル

『アイディア』(1968)

全米TOP 10入りの名曲「ジョーク」を収録した、5人組ビー・ジーズによる最後のアルバム。1968年発表

cover

アイディア

『オデッサ』(1969)

ヴィンス・メローニー脱退後に制作された、ビー・ジーズ唯一の2枚組スタジオ・アルバム(CDは1枚に収録)。大ヒット曲「メロディ・フェア」、「若葉のころ」収録。1969年発表

cover

オデッサ

『キューカンバー・キャッスル』(1970)

ロビン・ギブがグループ脱退のさなか、バリーとモーリスの2人によって制作されたビー・ジーズ通算5枚目のアルバム。1970年発表

cover

キューカンバー・キャッスル

『トゥー・イヤーズ・オン』(1971)

ロビンがグループに復帰して2年ぶりに発表された、ビー・ジーズ第2期黄金時代への旅立ちとなったアルバム。1971年発表

cover

トゥー・イヤーズ・オン

『トラファルガー』(1971)

全米No. 1シングル「傷心の日々」を収録した、通算7枚目のアルバム。第2期黄金時代の頂点となった作品。1971年発表

cover

トラファルガー

『トゥ・フーム・イット・メイ・コンサーン』(1972)

ヒット・シングル「ラン・トゥ・ミー」を収録した、新たなステップへの過渡期の作品。1972年発表

cover

トゥ・フーム・イット・メイ・コンサーン

『ライフ・イン・ア・ティン・キャン』(1973)

アメリカ録音、アメリカ人アレンジャーのジョニー・ペイトを起用した、意欲作。1973年発表

cover

ライフ・イン・ア・ティン・キャン

『ミスター・ナチュラル』(1974)

プロデューサーにアリフ・マーディンを迎え、新たなサウンド作りを模索したアルバム。第3期黄金時代へのステップとなった作品。1974年発表

cover

ミスター・ナチュラル

『メイン・コース』)(1975)3

70年代後半の第3期黄金時代を築き上げる第一歩となった作品。全米No. 1シングル「ジャイヴ・トーキン」、同7位「ブロードウェイの夜」収録。1975年発表

cover

メイン・コース

『チルドレン・オブ・ザ・ワールド』(1976)

前作に続き、ダンス・ビートを多彩に取り入れ新しいビー・ジーズ・サウンドを確立した作品。全米No. 1シングル「ユー・シュッド・ビー・ダンシング」収録。1976年発表

cover

チルドレン・オブ・ザ・ワールド

『失われた愛の世界』(1979)

大ヒット・サウンドトラック『サタデー・ナイト・フィーバー』後に発表された、スタジオ録音による第3期黄金時代を代表する傑作アルバム。全米No. 1 シングル3曲「哀愁のトラジディ」、「失われた愛の世界」、「ラヴ・ユー・インサイド・アウト」収録。1979年発表

cover

失われた愛の世界

『リヴィング・アイズ』(1981)

美しいヴォーカル・ハーモニーとダイナミックなサウンドが調和した会心作。1981年発表

cover

リヴィング・アイズ

『E.S.P.』(1987)

プロデューサーに再びアリフ・マーディンを迎えた、初のデジタル・レコーディング作品。全英No. 1シングル「ユー・ウィン・アゲイン」収録。1987年発表

cover

E.S.P.

『ONE』(1989)

兄弟の結束がタイトルに示されたアルバム。10年ぶりの全米TOP 10シングル「ONE」、夭逝した弟アンディ・ギブに捧げた「ウィッシュ・ユー・ワー・ヒア」収録。1989年発表

cover

ONE

『ハイ・シヴィライゼーション』(1991)

「シークレット・ラヴ」が、60年代から連続して4つの年代で全英シングル・チャートTOP 10入りという史上2組目の快挙。セルフ・プロデュース作。1991年発表

cover

ハイ・シヴィライゼーション

『サイズ・イズント・エヴリシング』(1993)

モダンなビートにのせて展開されるヴォーカル・ハーモニーを満喫できるアルバム。1993年発表

cover

サイズ・イズント・エヴリシング

『ステイル・ウォーターズ』(1997)

デヴィッド・フォスター、ラス・タイトルマン、アリフ・マーディン、ヒュー・パジャム、ラファエル・サディークのプロデュースで制作されたアルバム。1997年発表

cover

ステイル・ウォーターズ

『ディス・イズ・ホエア・アイ・ケイム・イン』(2001)

ビー・ジーズ最後のスタジオ・アルバム。ヒューマン・ヴォイス、感性に訴えかけるリアル・ハーモニー。すべてはビー・ジーズに帰ってくる。2001年発表

cover

ディス・イズ・ホエア・アイ・ケイム・イン