タワレコ《全品20%ポイント還元キャンペーン》

期間:2024年7月24日(水)0:00 ~ 7月26日(金)23:59まで!

詳しくはこちら

PENTATONE|カリーナ・カネラキス&オランダ放送フィル『バルトーク: 管弦楽のための協奏曲』

クラシック

PENTATONE(ペンタトーン)から、注目の女性指揮者カリーナ・カネラキスとオランダ放送フィルのCDが発売になります。

収録されるのはバルトークの「4つの管弦楽曲」と「管弦楽のための協奏曲」。2022年7月のライヴ録音。

カリーナ・カネラキスはアメリカ出身の指揮者、ヴァイオリニスト。ベルリン・フィルのヴァイオリン奏者をしたときにサー・サイモン・ラトルに才能を見出され指揮者としての道を歩んだそうです。

2013年にプロの指揮者としてデビュー。2019年よりオランダ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、ベルリン放送交響楽団の首席客演指揮者、2020年9月からはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者に就任しています。

CDは輸入盤と輸入盤国内仕様盤で発売。

バルトーク: 管弦楽のための協奏曲

cover

バルトーク: 管弦楽のための協奏曲
カリーナ・カネラキス 、 オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団

【曲目】
バルトーク:
4つの管弦楽曲 Sz.51 Op.12
管弦楽のための協奏曲 Sz.116

【演奏】
カリーナ・カネラキス(指揮)
オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団

【録音】
ライヴ録音:2022年7月/放送音楽センター、ヒルフェルスム(オランダ)
エグゼクティヴ・プロデューサー:ルノー・ロランジェ
プロデューサー、バランス・エンジニア、エディティング&ミキシング:エヴェレット・ポーター