topaboutblogClassicjazzPopsjpopselect
S
エマーソン・レイク&パーマー
エマーソン・レイク&パーマー(DVD-Audio+2CD)


EMERSON LAKE & PALMER

Amazon(輸入盤)
Amazon(国内盤)


輸入盤、Sony UK
3枚組(DVDオーディオ+2CD)

DVD-Audio(スペック不明)
・Advanced Resolution Stereo
・Advanced Resolution 5.1 Surround
・DTS 5.1 Surround
映像はなし

CD1
1970年オリジナル・アルバム・ミックス

CD2
新2012年ステレオ・ミックス

ボーナストラック
4曲を新2012年ステレオ・ミックス(CD2とDVD-Audioの2ch)に収録。

パッケージ
4つ折のデジパック仕様。
ブックレットには英文ライナーとメンバーの当時の写真、ポスターなど少々。歌詞はなし。

パッケージ裏
B007Q4Y9I2
収録曲の違いが、ここでも確認できます。

ハイレゾ音源を聴くには
DVD-Audioの〈Advanced Resolution Stereo〉と〈Advanced Resolution 5.1 Surround〉はDVD-Audio対応プレーヤーでのみ再生できます。
〈DTS 5.1 Surround〉は普通のDVDプレーヤー/ブルーレイ・プレイヤーで再生できます。

EL&Pのデビュー盤、DVD-Audioでの発売

 本作は1970年発表の、エマーソン・レイク&パーマーのデビュー盤。DVD-Audio+CD2枚というセットで発売されました。

 DVD-Audioは、2chステレオと5.1chサラウンドを収録。どちらもハイレゾ音源です。メニュー画面に「Advanced Resolution Stereo」「Advanced Resolution 5.1 Surround」の表示が出るので確認できます(スペックは不明)。
 この新ステレオ・ミックスと5.1chミックスを制作したのは、キング・クリムゾンのサラウンドも制作したスティーヴン・ウィルソンです。


左からCD1「オリジナル・アルバム(1970)」、CD2「新2012年ステレオ・ミックス+ボーナストラック」、DVD-Audio。DVD-Audioには数年前には考えられなかった〈DVD AUDIO〉と〈SONY〉のロゴが一緒に印刷されています。

圧倒的エネルギーのAdvanced Resolution Stereo

 このアルバムでは、まだエマーソンは、ほとんどシンセサイザーを使わず、アコースティック・ピアノとオルガンを弾いています。
 それが余計に、エマーソンの“超テクニックぶり”を引き立たせるわけです。それにかぶさる、カール・パーマーのドラムも凄い。
 冒頭の「未開人(The Barbarian)」から、圧倒的なエネルギーの放出を感じました。ガツンとくる演奏が、DVD-Audioの2chステレオにピッタリです。

5.1 Surroundは、広い空間で唸るキーボード

 一方サラウンドは、前方に広くドラムスとベース、ヴォーカル。中間から後方側がキーボードというスタイル。
 ときにダビングされたキーボードが前方に加えられることもあり、こんなに単純ではありませんが、楽器の少なさを補っています。
 トータルでは、残響と的確な音の移動をほどこして、一体感のあるサラウンドになっているのはさすがだと思います(サラウンド技術も上がったなあ)。

 サラウンドでは、2chステレオの「怒濤の音響」はなくなりますが、前方のドラムスとかぶさることなく、広い空間で唸るキーボードは心地良いです。
 「石をとれ(Take a Pebble)」の中間部分の、アコースティック・ギターの〈神秘性〉はサラウンドならではでしょう。
 そこに水滴(?)がしたたるような音。まるで鍾乳洞にいるような気分にさせてくれます。

 結論として、サラウンド派の僕も、このアルバムでは2chとサラウンドに甲乙つけることができません。ちがう音響の世界を両方楽しむのがいいと思います。

オリジナル・ミックスと新ミックスで、収録曲の差し換え

 最後に収録曲について書き添えておきます。
 本セットのCD1には、1970年のオリジナル・ステレオ・ミックスを収録しています。
 CD2は新2012年ステレオ・ミックスですが、なんとオリジナルとは曲が違っています(DVD-Audioの2chもこれと同じ収録曲です)。

 新ミックスでは4曲目に、オリジナルにはなかった「プロムナード(Promnade)」を収録。『展覧会の絵』のあの「プロムナード」です。レイクのヴォーカル付き。
 3部構成だった「運命の3人の女神(The Three Faters)」を〈アトロポス(Atropos)〉のみに。さらに7曲目にあった「タンク(Tank)」をカット。かわりに「Rave Up」「Drum Soro」を挿入。
 と、オリジナル・アルバムと、けっこう収録曲が違うのが特徴です。

 さらに、DVD-Audioの5.1chサラウンドでは、新ステレオ・ミックスの収録曲から「プロムナード」「Drum Soro」をカットと、本セットは「オリジナル」「新2012年ステレオ・ミックス」「新2012年5.1ミックス」の3パターンが聴けることになります。
 ただ新ミックス収録曲もいい曲ですので、アルバムとしての流れは文句ありませんので、ご安心ください。

 ファースト・アルバムとはいえ完成度は高く、何度でも聴ける魅力があります。「石をとれ」以外は、まだ大作ではないのですが、演奏で聴かせるところが彼らのスゴイところです。

Amazon(輸入盤)
Amazon(国内盤)

エマーソン・レイク&パーマのDVD-Audio レビュー
エマーソン・レイク&パーマー/タルカス
ハイレゾ!Stereoは高音質バンド演奏、サラウンドはドーム風音響空間
Amazon(輸入盤) Amazon(国内盤)
SACDラボ♪♪レビュー
2012.9.26