topaboutblogClaJazzpopsjpopselect
S

ジョン・コルトレーン ブルー・トレイン

John Coltrane
Blue Train

1957年録音
輸入盤、Blue Note Records

Amazon(Analogue Producitons盤)
Amazon(ブルーノート盤)

Kenny Drew ( Piano )
Curtis Fuller ( Trombone )
Jo Jones ( Drums )
Philly Joe Jones ( Drums )
Lee Morgan ( Trumpet )
Paul Chambers ( Bass )

コルトレーンがブルーノートに残したアルバムが、ヴァン・ゲルダー自身によりSACDマスタリング

 『ブルー・トレイン』は今更、説明するまでもないジャズの名盤。コルトレーンがブルーノートに残した唯一のリーダーアルバムです。
 SACDリマスタリングは、うれしいことに、なんとオリジナル録音のエンジニア、ルディ・ヴァン・ゲルダーが自らしています。うれしいですねえ。
 1957年録音なのに「この人がまだ生きていて、SACDリマスタリングをしてくれるとは!」と失礼ながらびっくり。ヴァン・ゲルターとSACDの組み合わせに興奮してしまいます。

 さて、ジョン・コルトレーンというと『至上の愛』、そして、それ以後のフリー期のイメージもありましょうが、このアルバムは、そんなムズカシイことはなし。「ジャズを思いきり楽しみましょう!」という感じです。
 トランペット、トロンボーンを加えた3管編成。
「3管かあ…、緊張感がうすれるよ…、コルトレーンの場合、サックスだけが聴きたいのにぃ!」
 聴く前はそう思ったものですが、トランペット、トロンボーンとも見事で、また3管のよさも随所に出ていて(「Moment's Notice」など)、本当に僕が言うまでもなく名作アルバムですね。
 ハードバップのジャズの良さを満喫できるうえ、のちの名作『パラード』を思わせるシットリ感の「I'm Old Fashioned」も収録。やられっぱなしです。
 ジャズ入門、コルトレーン入門として申し分なしのSACDです。ジャケットも渋いですしね。
 このレビューはブルーノートからのSACDハイブリッド盤によるものです。SACDはステレオのみ。ボーナストラック2曲収録です。
 なお2009年現在、ブルーノート盤は生産終了の模様。現在はAnalogue ProductionsからSACDがリリースされております。

Amazon(Analogue Producitons盤)
Amazon(ブルーノート盤)

ジョン・コルトレーンのSACDをチェック
Love Supreme
コルトレーンの代表作『至上の愛』
SA-CDラボ♪♪レビュー
John Coltrane and Johnny Hartman
ジョニー・ハートマンとの共演盤。バラードプレイにシビレる人気作
SA-CDラボ♪♪レビュー
Blue Train
コルトレーンが、ブルーノートに残したリーダーアルバム
SA-CDラボ♪♪レビュー
Lush Life
Kenny Burrell & John Coltrane
Standard Coltrane
Thelonious Monk with John Coltrane
Soultrane
58年録音、コルトレーンの名盤
SA-CDラボ♪♪レビュー

2007.11.14