タワレコ《全品20%ポイント還元キャンペーン》

期間:2024年7月24日(水)0:00 ~ 7月26日(金)23:59まで!

詳しくはこちら

【LSO Live】『モーツァルト: 管楽のための作品集』SACDハイブリッド2枚組で発売、マルチ収録

クラシック

モーツァルト: 管楽のための作品集【SACDハイブリッド】

ハイメ・マルティン 、 ロンドン交響楽団 、 LSOウィンドアンサンブル

LSO Liveから『モーツァルト:管楽のための作品集』が発売になる。SACDハイブリッド2枚組。マルチチャンネルも収録。12月上旬発売。

これはLSOの管楽器の主席奏者たちがソリストを務めた、モーツァルトの管楽器のための作品集だ。収録は2019年。「グラン・パルティータ」だけは2015年。

2枚組に収録されるのは以下の曲。

Disc1

  • ホルン協奏曲 変ホ長調 K417
  • オーボエ協奏曲 ハ長調 K314
  • クラリネット協奏曲 イ長調 K622

Disc2

  • 協奏交響曲 変ホ長調 K297b
  • セレナード第10番 変ロ長調「グラン・パルティータ」 K361

最後の「グラン・パルティータ」は2017年に発売されたSACDと同じ音源であるが、それでもこの収録曲は文句なしだと思う。通常なら3枚組になってもおかしくないボリュームである。

これでタワーレコードの予約価格が2千円台前半(11月12日現在)というのは、リーズナブルでしょう。

最新録音の高音質でモーツァルトの管楽器のための協奏曲を楽しめるSACDだ。

モーツァルト: 管楽のための作品集【SACDハイブリッド】

ハイメ・マルティン 、 ロンドン交響楽団 、 LSOウィンドアンサンブル