タワレコ《全品15%ポイント還元キャンペーン》

期間:2024年7月18日(木)0:00 ~ 7月20日(土)23:59まで

詳しくはこちら

ジャズ・ピアニスト、ブラッド・メルドーのビートルズ・カヴァー『Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles』

ジャズ

ビートルズの曲をジャズ・ピアニストのブラッド・メルドー(Brad Mehldau)がカヴァーしたアルバム『ユア・マザー・シュッド・ノウ:ブラッド・メルドー・プレイズ・ザ・ビートルズ』。

もうお聴きになった方もいるかと思う。2月10日に発売された。CDとLPレコードがリリースされている。

ビートルズのカヴァー・アルバムはたくさんあり、「ああ、またか」と思う方も多いと思うが、ジャズ・ピアニストのブラッド・メルドーの今回のカヴァー・アルバムは評判がいいようだ。

収録曲がなんと言ってもユニークで、「アイ・アム・ザ・ウォルラス」から始まり「ユア・マザー・シュッド・ノウ」「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」と、普通ならまずカヴァーしない曲が並ぶ。

さらに「ベイビーズ・イン・ブラック」(『フォー・セール』収録)もやります。

これ以降も「シー・セッド・シー・セッド」という非常に珍しいカヴァーも。こちらもジャズに、というかソロ・ピアノにうまく落とし込んでいる。演奏終了後に拍手が起きるのでライヴなのだろう。

演奏は、個人的には、キース・ジャレットのソロ・ピアノに似た歌い上げ方をする人だなと思ったが、これは各自で聴いてみてほしい。

ちなみに最後の曲だけはデビッド・ボウイのカヴァーで「Life on Mars?」が入っている。これも意味のある構成なのだろう。

ちなみに国内盤CDにはボーナストラックとしてポールのソロ「恋することのもどかしさ」のカヴァーを収録している。

CD国内盤

cover

ユア・マザー・シュッド・ノウ:ブラッド・メルドー・プレイズ・ザ・ビートルズ<SHM-CD>

CD輸入盤

cover

Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles

LPレコード

cover

Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles