タワレコ《全品15%ポイント還元 さらに1万円以上ご購入で20%ポイント還元》

期間:2024年5月29日(水)0:00~5月31日(金)23:59まで

詳しくはこちら

クレンペラー唯一のザルツブルグ音楽祭ライヴ『1947年ザルツブルク音楽祭ライヴ』SACDハイブリッド

未分類

1947年ザルツブルク音楽祭ライヴ
オットー・クレンペラー 、 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

オットー・クレンペラーの『1947年ザルツブルク音楽祭ライヴ』がSACDハイブリッド(2枚組)で発売になる。

これはオットー・クレンペラーの唯一のザルツブルグ音楽祭ライヴ。

1947年8月24日、ザルツブルグの祝祭劇場でオットー・クレインペラーはウィーン・フィルを指揮した。

収録されるのは、マーラーの交響曲第4番をメイン・プログラムとし、パーセルの組曲「妖精の女王」、アメリカ人作曲家のロイ・ハリスの交響曲第3番を収録。冒頭と最後にラジオ・アナウンスも入る。

発売は12月下旬。Otto Klemperer Film FoundationからのSACDハイブリッド2枚組でのリリース。

【曲目】

Disc1
ラジオ・アナウンス
パーセル:組曲「妖精の女王」(ハロルド・バーンズ編)
ロイ・ハリス:交響曲第3番(1939)

Disc2
マーラー:交響曲第4番ト長調
ラジオ・アナウンス

【演奏】オットー・クレンペラー(指揮)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ヒルデ・ギューデン(ソプラノ)

【録音】1947年8月24日ザルツブルク音楽祭ライヴ

1947年ザルツブルク音楽祭ライヴ(SACDハイブリッド)

cover

1947年ザルツブルク音楽祭ライヴ
オットー・クレンペラー 、 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団