タワレコ《25日間連続開催!全品15%ポイント還元〉》

期間:2024年6月21日(金)0:00 ~ 7月15日(月・祝)23:59まで

詳しくはこちら

『フルトヴェングラー帝国放送局(RRG) アーカイヴ 1939-45』がLPレコード8枚組で発売、ベルリン・フィル自主レーベル

クラシック

フルトヴェングラー 帝国放送局(RRG) アーカイヴ 1939-45 [8LP+DVD+BOOK]

ベルリン・フィルの自主レーベルベルリン・フィル・レコーディングスからLPレコード8枚組の『フルトヴェングラー 帝国放送局(RRG) アーカイヴ 1939-45』が発売になる。

これはベルリン・フィル・レコーディングスが2018年末にリリースしたSACDハイブリッド22枚組ボックスから、選曲してLPレコード8枚で発売するボックス。収録曲はベルリン・フィル自身がセレクトした。

レコード制作にあたり、音源はオリジナルのアナログテープではなく、SACDのために作られたマスタリング音源を使用。のオリジナル・アナログテープにまつわる話はフルヴェン・ファンには有名な話なので割愛するが、ソ連から返還されたテープからリマスタリングしたSACDの音源がLPレコードにも最良と判断したのだそうだ。

フルトヴェングラーは戦時下でのベルリン・フィルとの演奏が最も評価が高い。それをアナログ・レコードで聴けるのはファンにとって喜びだろう。

素晴らしいことにこのLPレコード・ボックスには、SACDボックスに収録されていた全ての音源の24bitハイレゾ音源のダウンロード・コードも付く。

DSDとPCMの差にこだわらない人には、このボックスでアナログで一部、ハイレゾで全部のコンテンツを入手できるという豪華なセットである。現在SACDボックスがほぼ手に入らないだけに、ハイレゾ・リスナーにもこのボックスはチャンスとなる。

さらにフルトヴェングラーのドキュメンタリー映像を収録したDVDも付属。

世界2000セット限定。シリアルナンバー入り。4年前のSACDボックス以上に貴重なものになりそうだ。

LPレコードの収録曲はショップのページにて確認してほしい。ベルリン・フィルがセレクトしたベートヴェン、モーツァルト、シューベルト、シューマン、ウェーバー、R.シュトラウス、ワーグナーといったドイツ音楽とともに、シベリウスやラヴェルなどの曲が選ばれている。

cover

フルトヴェングラー 帝国放送局(RRG) アーカイヴ 1939-45 [8LP+DVD+BOOK]